冷えは美容の大敵

女性は体を冷やしてはいけないとよく言われますが、そうはいっても女性の身体の構造上筋肉が少なく冷えやすいのは事実です。冷え性の身には寒い冬だけではなく、夏の冷房も辛い時があります。冷え性で身体が冷えることによって免疫力が落ちてしまい、風邪をひきやすくなったり、他の様々な外部からの刺激にも弱くなります。

春になると大量に飛散する花粉も、免疫力が低下していると症状が酷くなってしまいます。免疫力を高めるためには身体を健康にすることです。身体が健康であってこそ、美容にも気を配ることが出来て効果が出るというもの。そのために体を冷やさないようにするにはどうしたらいいかといえば、首を冷やさないことです。寒さを感じたら、首回りと手首、足首を温かい素材のもので覆うだけで全く感じる寒さの度合が違ってきます。おしゃれのために冬でも頑張ってスカートを履いたりするのもいいですが、その場合はタイツやブーツを併用して、おなか回りに貼るカイロを付けておくといいですよ。

それから最近では100円ショップに、もこもこした素材のレッグウォーマーやネックウォーマーなどが販売していますが、家に居る時にはああいったグッズを使うと暖房費も抑えられて温かく過ごすことが出来ます。

眠る時には、出来れば寝る1時間くらい前にお風呂に入ってスキンケアと髪を乾かしたりして、夜更かしせずにベッドに入ってしまうと、お風呂上がりの温かさを保ったまま眠ることが出来ます。布団の冷たさや足元の冷えが気になる人は、湯たんぽがいいですよ。じんわり心地よいぬくもりが朝まで続いていて、これを使うのと使わないのとでは眠りの質が違ってきます。

秋も深まり寒さを感じる頃になると、睡眠不足になりがちなのですが、湯たんぽを使うと良く眠れるようになるのをみると、やはり眠っている時に温かさがあるのとないのとは明確な違いがあると言えると思います。もし肌の調子を気にして化粧品を変えるようなことがあれば、その前に、もしかして冷えを感じていないかどうか振り返ってみるといいかもしれませんね。

 

冷え性